おいしいnetふくおか

ラーメン

福龍軒

エリア筑後エリア
最寄駅JR鹿児島本線「大牟田駅」
0944-52-8756
資料請求
「肌がツルツルでしょ。 50年以上蒸気を浴びてますから(笑)」

 福岡最南端のラーメン処、大牟田市。久留米が源流、または岡山県から伝わった、など大牟田ラーメンの発祥には諸説があるが、その文化は昭和20、30年代、炭鉱の町としての発展とともに花開いた。現存する最古の店は昭和26年創業の『東洋軒』。そして、『東洋軒』で働いていた池田高さんが独立し、昭和38年に開業したのがここ『福龍軒』である。齢50年を超える老舗では、まず昔ながらの道具、なかでも麺を上げる網に注目したい。23歳から厨房に立つ池田ツナ子さんの手に握られているのは、表面が湾曲しておらず真っ平らな「平網」。大釜で泳がした麺を平網ですくい、鍋の縁に打ち付けて湯切りを行う。昔は主流だったこのスタイルも、1玉ずつ分けて茹でられるテボ型網が普及したことで、今ではほとんど見られなくなった。「この網は自分たちの手作りなんですよ。表面に引っかかりがないから、経験が浅いと扱うのはなかなか難しい。でも、これで麺を上げた方がやっぱりおいしかもんね」と流れるように作業をこなしながら話してくれたツナ子さん。湯切りの際に出る「カンカンカン!」という音を懐かしむ往年のラーメンファンも多いという。そして、この麺をふんわりと包むのが、息子の健さんがつくる豊潤な純豚骨スープ。「高校を卒業してすぐ店に入り、見よう見まねでスープをつくり始めました。ようやくブレのない味が出せるようになり、『親父を超えたっちゃない』と常連さんに認められた時が一番うれしかったですね」と健さんは振り返る。最後に、創業者の高さんもまだまだ現役。奥さまと息子の仕事ぶりを、厳しくも、優しい眼差しで見守っている。

0944-52-8756
資料請求

お知らせNEWS

2015年05月29日 ワンタンメン 670円 NEW
ラーメンにも負けずの大人気メニュー!

福龍軒の新着いちおし情報

ラーメン
ラーメンラーメン/
資料請求

濃度の異なる複数のスープを厨房の本釜でブレンド。ガスではなくより火力が強い灯油バーナーを使うのも特徴だ。豚バラチャーシューも自信作

詳細情報
料金\560
備考

福龍軒のアクセス・地図

0944-52-8756
資料請求

福龍軒の詳細情報

住所大牟田市不知火町1-6-10
最寄駅JR鹿児島本線「大牟田駅」
交通手段JR鹿児島本線「大牟田駅」から徒歩5分
電話番号0944-52-8756
営業時間11:00〜20:00(OS19:40)
定休日月曜(ほか不定休あり)
カード
席数60席
駐車場20台
補足説明(個室の有無など)
補足説明(禁煙・喫煙など)
0944-52-8756
資料請求

福龍軒の特典・クーポン

特典・クーポンはありません

街活netお得な情報はこちらから

おけいこnetふくおか

きれいnetふくおか

雑貨とインテリアnet
ふくおか

ふくおかナビ