おいしいnetふくおか

ジャンル
エリア
キーワード

「福岡エリア」の条件で18店舗HITしました。全 18 店舗中 1-18 店舗を表示中

並び替え

昭和50年代、福岡市・千代を本店に展開していた『長浜一番』。ラーメンファンの間では伝説的存在であるこのイニシエの味を受け継ぐ一店が粕屋町にある。昭和55年から続く『長浜ラーメン味のまんぷく』は『長浜一番粕屋店』が前身。現在72歳の大将が、豚の頭骨を継ぎ足し煮込む昔ながらの製法で滋味深いラーメンをつくる。「お客さんは年配の方や小さなお子さんも多いけん、ギドギドではなくできるだけさっぱりと。何よ...続きを読む

店舗名長浜ラーメン 味のまんぷく
最寄駅 
営業時間11:00〜21:00、売り切れ次第終了
電話番号092-938-8014
定休日水曜
予算
カード

「ワンタイム」はJR赤間駅北口に隣接するカフェ&ダイナー。2014年6月にオープンした店でありながら、こちらのナポリタンの歴史は長い。レシピが生まれたのは今から30年以上前、当時赤間駅前で「パピヨン」という喫茶店を経営していたオーナーのお母さんが考案者だ。当時の常連さんが愛してやまなかった「パピヨン」名物がこのナポリタン。新しい店を開くときも「この味だけは変えたくなかった」とオーナーは話す。...続きを読む

店舗名One time(ワンタイム)
最寄駅赤間駅
営業時間11:00~15:00/18:00~翌1:00(OS24:30)
電話番号0940-62-6188
定休日不定
予算
カード

元々、糟屋周辺のラーメンは、博多とは異なる独自の路線を歩んできた。それは、街の成り立ちや職人たちの心意気から生まれた個性的な味。かつて炭鉱で栄えた街に相応しく、パワーの源となるようながっつりとしたラーメンが受け入れられていった。店長の林大輔さんが先代とともに築きあげてきた須恵三洋軒の味は、そんな糟屋ラーメンの王道ともいえる元祖こってり系。長年の伝統を守り続けて作られる一杯は、今も本店でしっか...続きを読む

店舗名須恵 三洋軒 本店
最寄駅 
営業時間11:00〜20:00(売切れ御免)
電話番号092-935-9970
定休日なし
予算
カード

 本店で修業した店主・田中孝一さんが古賀市に店を構えたのは2013年。糟屋エリア以外で出店したのも須恵三洋軒では初めての試みだった。その挑戦は見事に実を結び、今では周辺になくてはならない存在にまで成長。田中さんは直営の他店と同様に、商売人でありながら職人としての誇りを持って看板を守り続けている。おごらず、薄めず、妥協しない姿勢を貫くのは、客がスープを一口すすった時の満足に満ちた表情を見たいか...続きを読む

店舗名須恵 三洋軒 古賀
最寄駅古賀駅
営業時間11:00〜22:00
電話番号090-7386-4606
定休日なし
予算
カード

「1店で2種類味わえる店は珍しいと思います!」と店主の中村さんが言うこのお店の看板メニューは製法の異なる2種類のラーメン。豚頭骨を計16時間で炊き上げた"取りきり製法"の『あっさりらーめん』は豚骨の旨味とコクがありながらも、くせがないクリーミーな味わい。このスープに豚のゲンコツや背脂で追い炊きしたのが、〝呼び戻し製法〟によるパンチの効いた味わいの『こってりらーめん』だ。その他、約2ヶ月ごとに...続きを読む

店舗名福間ラーメン ろくでなし
最寄駅福間駅
営業時間11:00〜翌4:00(日祝日〜23:00)
電話番号0940-36-9525
定休日なし
予算
カード不可

仕上げの焦がしにんにくの黒色がインパクトある黒帯らーめんが一番人気。中華料理店で修行し独立、この道14年という店主の加来さんと、いつも元気で笑顔いっぱいの奥様の夫婦で営んでいる『きぼう道場』。店名はご主人が柔道をやっていたことから名付けられた。メニューにも「先鋒」「大将」などと付けられており楽しめる。ベースは国産の牛骨を野菜と一緒に8時間煮込んだ牛骨スープ。これにホタテや干しエビ、アゴ、鰹、...続きを読む

店舗名きぼう道場
最寄駅 
営業時間11:30〜14:30/18:00〜22:00
電話番号092-935-6262
定休日火曜、第3水曜
予算
カード不可

久留米ラーメンの名店で修行を積んだ、店主が大野城に店を構えて10年。 久留米ラーメンの特徴でもある、高い管理技術が必要とする「呼び戻し」製法で作るスープは、豚骨の濃厚さはあるものの背脂ひかえめで脂っぽさが残らずスッキリ。 深いコクとほのかに甘みを感じるスープがクセになるという常連客も多い。 中細麺の特注麺が基本だが、ラー麦使用の細麺を選ぶこともできる。 さらに、豚骨ラーメンだけで...続きを読む

店舗名ラーメン 大輝
最寄駅雑餉隈駅
営業時間11:30~21:00
電話番号092-573-9211
定休日火曜
予算
カード

メインメニューは担担麺と煮玉子ねぎそばだけという、こだわりの『めん家鉄』。人気の担担麺は、胡麻ペーストやラー油、玉子麺と全てが手間暇のかかった手づくり。多めの胡麻で香り高く仕上げられ、シャキシャキもやしと最後にふりかける小エビとピーナツの食感もたまらない。中華の料理人だった店主が、中華料理の良さを取り入れて作った担担麺は一度食べたらハマること間違いなし!中毒性がありリピーターが多いのもうなづ...続きを読む

店舗名めん家 鉄
最寄駅 
営業時間11:30~14:00/17:30~21:00
電話番号092-936-4459
定休日木曜
予算
カード
ラーメン
ラーメン/

久留米にて多くのリピーターを排出している『麺や 中る』の姉妹店。丁寧に処理した豚骨で臭みのないコクのあるダシを取り、国産の厳選素材を使用した豚骨ラーメンは、後味さっぱりとしている。続きを読む

店舗名中るラーメン 筑紫野店
最寄駅 
営業時間11:30~23:30(土曜・日祝日は11:00〜)
電話番号092-929-1688
定休日なし
予算
カード不可

 “昔ながらの豚骨ラーメン”。そう称するにぴったりの一杯。同店の凄みは、完成された伝統の味に満足することなく、さらなる“旨い”を追求しブラッシュアップを重ねてきたことにある。“正統派豚骨”という軸は決して曲げずに、さりげない進化を加えてきた。「『ラーメンのスープも鮮度が命』という観点から、“取りきり”の技で常にフレッシュなスープを提供しています」と店主の山本雅彦さん。臭みを取り除き、とことん...続きを読む

店舗名ラーメン やまもと
最寄駅西鉄バス「昇町公民館」
営業時間11:00~21:00(OS20:40)
電話番号092-573-8594
定休日木曜(祝日の場合は営業、翌日休み)
予算
カード不可

JR春日駅から徒歩10分ほどの場所にある常夏の楽園。アジアンテイストあふれる店内では、沖縄料理をはじめ「ロコモコ」や「アヒージョ」などの創作料理が堪能できる。料理に合わせる飲み物にもこだわり、生ビールはオリオンのドラフトを仕入れている。「沖縄から運ばれてくるので当然仕入れは高くなりますが、これを楽しみに来るお客さんも多いので」と、オーナーの島田さん。他にも20種類の泡盛や梅酒、カクテルなど約...続きを読む

店舗名南国居酒屋バロン
最寄駅JR春日駅
営業時間18:00~25:00(金・土曜~26:00)
電話番号092-571-9876
定休日日曜
予算
カード不可

バラエティ豊かな極上肉を食べ放題で!  西鉄井尻駅から徒歩約10分。焼肉ファンの中で密かに注目を集める店がある。その名は『まるし』。独自のルートで仕入れる黒毛和牛のほか、オッパイやコメカミなどの豚の各部位、店主・執行さんの友人が宮崎県西都市で放し飼いをする朝引きの「妻地鶏」など、全21種類の肉が食べ放題になる。さらに、食べ放題でしか食べることのできない黒毛和牛のハンバーグやビーフシチュ...続きを読む

店舗名七輪炭火焼 まるし
最寄駅西鉄「笹原駅」
営業時間18:00~24:00頃
電話番号092-574-2211
定休日不定
予算
カード

『博多三氣』と言えばまず、「替え玉10円」の太っ腹サービスが頭に浮かぶ人気店だが、実は「九州」という場所にとことんこだわったラーメン作りにも定評がある。麺は、ラーメン王国・福岡で、ラーメンのために開発された「ラー麦」を100%使ったオリジナル。コシと味わいを深めるために、製造から2日ほど寝かせた麺は伸びにくく、九州産豚の頭骨から取ったまろやかなスープとの相性も抜群だ。また、口の中でとろけるチ...続きを読む

店舗名博多三氣 筑紫野店
最寄駅【JR】都府楼南駅
営業時間11:00〜OS23:45
電話番号092-408-6766
定休日不定
予算
カード

「博多の豚骨ラーメンには、極細ストレート麺」と誰もが口を揃えるが、従来の麺は粉っぽくてボソボソとした食感なものが多かった。どこもスープ作りには熱心なものの、麺は軽視されてきたきらいがある。日々進化し続けるラーメン業界の多様化していくスープに対して、麺がそのままでいいはずがない。  元々、系列のつけ麺店「博多 元助」が麺を追求するあまり、2008年に自社製麺所を構えたのが『製麺屋 慶史』の始...続きを読む

店舗名製麺屋 慶史
最寄駅西鉄「雑餉隈駅」
営業時間
電話番号092-405-4268
定休日日曜
予算
カード

 二郎系と鹿児島ラーメンを融合させた個性派店も、11月で創業10周年。代名詞は醤油ダレをガツンと効かせた豚骨主体のスープ、小麦本来の味わいをダイレクトに感じる自家製中太・極太麺、野菜がどっさり盛られた豪快な一杯だが、今夏新たに豚骨×トマトに、生パスタを思わせるモチモチ麺を合わせた「トマトン」がお目見えするなど、節目の進化にも注目が集まる。10周年を機に店をリニューアルするほか、日ごろの感謝を...続きを読む

店舗名島系本店 志免店
最寄駅JR「原町駅」
営業時間11:00~16:00、18:00~21:00
電話番号092-935-5257
定休日なし
予算
カード不可

コンクリートの無機質な広々空間にミッドセンチュリーの家具やインダストリアル風の照明が配された、まるで海外に佇むようなスタイリッシュなカフェ『3rd Cafe』。テーブル一卓ごとの什器が異なり、イームズやパントンチェアなど有名なデザイナーズチェアに座ることができ、その居心地の良さに3時間以上滞在する客も多いとか... さて、話題の「幸せの白いパンケーキ」とは一体・・・!? 「去年の春に登場...続きを読む

店舗名3rd Cafe[サードカフェ]
最寄駅【西鉄バス】池の下
営業時間11:00~OS23:30(ランチ~14:00、ディナー18:00~※水曜はOS17:30)
電話番号092-983-3093
定休日なし
予算
カード

 店名に「龍」と付く店が周辺に多いことから、通称「ドラゴンロード」と呼ばれる県道68号沿い。その中でもラーメン通から支持されているのが、1972年に創業した『天龍ラーメン』だ。二代目の森崎龍之介さんが作るラーメンは、名店の味を守りながら進化を続けている。 濃厚で力強い豚骨スープは、ガツンとパンチのある味わい。シンプルな見た目だが、その際立つ個性に圧倒される。リニューアルを機に羽釜を導入し、...続きを読む

店舗名天龍ラーメン
最寄駅西鉄バス「新屋敷」
営業時間11:30~20:00(金・土曜、日祝日~22:00)※スープ・麺がなくなり次第終了
電話番号092-935-1588
定休日木曜
予算
カード

 今や日本を飛び出し、世界のあちこちで親しまれている一蘭のラーメン。国内の西日本地区で振舞われているラーメンを一手に担っているのが糸島市にある「一蘭の森」の自社工場。スープや麺、チャーシュー、秘伝のたれなど、ひとつひとつの素材を専属の職人が責任を持って作り上げている。  工場としての機能だけでなく食事も楽しめるのだが、他の店舗とは異なる空間とメニューが用意されている。周囲を気にすることなく...続きを読む

店舗名一蘭の森
最寄駅JR筑肥線「周船寺駅」
営業時間10:00~21:00
電話番号092-332-8902
定休日なし
予算
カード不可


1~18/18