おいしいnetふくおか

  • ご予約特典
ジャンル
エリア
キーワード

「ラーメン」の条件で97店舗HITしました。全 97 店舗中 1-20 店舗を表示中

並び替え

福岡最南端のラーメン処、大牟田市。久留米が源流、または岡山県から伝わった、など大牟田ラーメンの発祥には諸説があるが、その文化は昭和20、30年代、炭鉱の町としての発展とともに花開いた。現存する最古の店は昭和26年創業の『東洋軒』。そして、『東洋軒』で働いていた池田高さんが独立し、昭和38年に開業したのがここ『福龍軒』である。齢50年を超える老舗では、まず昔ながらの道具、なかでも麺を上げる網に...続きを読む

店舗名福龍軒
最寄駅大牟田駅
営業時間11:00〜20:00(OS19:40)
電話番号0944-52-8756
定休日月曜(ほか不定休あり)
予算
カード

昭和50年代、福岡市・千代を本店に展開していた『長浜一番』。ラーメンファンの間では伝説的存在であるこのイニシエの味を受け継ぐ一店が粕屋町にある。昭和55年から続く『長浜ラーメン味のまんぷく』は『長浜一番粕屋店』が前身。現在72歳の大将が、豚の頭骨を継ぎ足し煮込む昔ながらの製法で滋味深いラーメンをつくる。「お客さんは年配の方や小さなお子さんも多いけん、ギドギドではなくできるだけさっぱりと。何よ...続きを読む

店舗名長浜ラーメン 味のまんぷく
最寄駅 
営業時間11:00〜21:00、売り切れ次第終了
電話番号092-938-8014
定休日水曜
予算
カード

福岡屈指のラーメン激戦区・筑紫通りで存在感を放つ一杯は、実に計算し尽くされた熟練の技でつくられている。店は昭和58年創業。大将の古川修作さん(54歳)は創業者である父から店を受け継いだ。「スープの材料は皮付きの豚頭のみ。3本の寸胴を使い段階的に乳化させていく手法でつくっています。頭骨は扱いを間違うと強い臭みが出てしまうため、血抜きを徹底するのが大前提。さらに、経験の中で見出した、旨味だけを抽...続きを読む

店舗名達磨ラーメン
最寄駅 
営業時間11:00〜19:00
電話番号092-431-5260
定休日なし
予算
カード

福岡市東区・土井にあり、79歳の大将、山崎博文さんが腕を振るう『山ちゃんラーメン』。屋号の通りもちろんラーメンはある。しかし同店では、何といっても客の9割が頼む「スタミナ皿うどん」を紹介したい。スタミナ皿うどんは、炒めた野菜、肉、チャンポン麺を特製ソース、豚骨スープと絡めたオリジナルメニュー。フライパンで調理した後、直火にかけた鉄板で仕上げ、そのまま提供するため、ジュジュワ〜!と、けたたまし...続きを読む

店舗名山ちゃんラーメン
最寄駅 
営業時間11:00〜17:00、売り切れ次第終了
電話番号092-691-9751
定休日火曜
予算
カード

福岡市内より数は少ないが久留米にも屋台がある。久留米の屋台の特徴は“水道が完備されている”“福岡に比べ屋台の規格がやや広め”などハード面だけでなく、筆者はより客のローカル度が高いと感じている。観光客よりも、普段使いの地元民が大多数を占め、小さな子どもを連れたファミリーでの利用が目につくのも印象的だ。そんな久留米の屋台のなかでも、特に人気を集めているのが小頭町公園北通りに出る『武ちゃん』。創業...続きを読む

店舗名屋台武ちゃん
最寄駅 
営業時間20:00〜翌5:00
電話番号090-3074-3020
定休日不定休、雨天時
予算
カード

二男坊の名が初めて世に知れ渡ったのは、テレビ番組『福岡ラーメン総選挙』での優勝だ。この時、大々的に取り上げられたのが、ココナッツミルクを取り入れた創作麺「大陸らーめん亜細亜」。博多の王道・豚骨ラーメンのスープをベース、ココナッツミルクを加えたもので、この一杯が二男坊の代名詞となった。 そんな梅本さんは、その後も独自の工夫、手法を考案し、ラーメンで表現してきた。例えば、油そば。梅本さんは福岡...続きを読む

店舗名らーめん二男坊 博多本店
最寄駅博多駅
営業時間11:00〜OS23:30(日祝日11:00〜OS20:30)
電話番号092-473-5558
定休日不定
予算
カード不可

『和』の蕎麦は二八蕎麦。香りを立たせ、しっかりとしたコシにつるつると喉越しの良さを楽しむ細麺だ。品質が安定している北海道産の蕎麦粉を使い、その日の気温や湿度に合わせ、触れて感じる粉の状態を確かめながら日々蕎麦打ちの加減も変えるという。さらに茹で上げを見極める釜前(かままえ)の判断も大切。釜で踊る蕎麦の加減を見逃さず、一瞬で掬い上げたら水に投じてキュッと緊める。すかさず蒸篭(せいろ)に乗せれば...続きを読む

店舗名蕎麦 和
最寄駅地下鉄六本松
営業時間11:30~OS14:00/17:00~OS21:00
電話番号092-771-6116
定休日なし
予算
カード不可

ネギ、きくらげ、チャーシューに細麺が入ったシンプルなラーメン。 アッサリだけどコクがある豚骨スープと、気温や湿度で配合を変えながらつくる自家製麺。特に麺は、食感やのど越しにこだわりがあり、オーナーのみぞ知る製法でつくっている。 単品の他に、18時までは「半チャーハンセット」「レディースセット」などがあり、18時以降はプラス300円ですべてのラーメンに餃子や白ごはんがつくなど、何時...続きを読む

店舗名TAIZO 住吉本店
最寄駅 
営業時間12:00~OS2:45(日曜はOS24:45)
電話番号092-474-8787
定休日なし
予算
カード不可

あの「TAIZOラーメン」の姉妹店が博多にある。 飲食の世界に長年携ってきた店主が、こだわりのスープの為に炊く骨は3種。 本店より量を増やし、より“博多らしい”トンコツを目指した。 ストレートの細麺に絡む「た組」の味は、“こってり”の一言では片付かない奥行きのある深さと、リピートしたくなるクセが確かにある。続きを読む

店舗名博多麺屋台 た組
最寄駅JR/地下鉄博多駅
営業時間11:30〜15:00、18:00〜24:00(OS23:30)
電話番号092-474-0077
定休日なし
予算
カード不可

丼の表面に浮かぶ白い泡が目を引く。 これは豚骨を煮込んだ際に出る脂の泡だ。 脂と聞くと、こってり感を連想するが、口当たりは滑らかで、ふわりとした感触が心地いい。 いつからか“豚骨カプチーノ”という名で親しまれるようになったこの泡は、いわば豚骨を煮込む際に生じる副産物。余計なものは入れず、豚の骨だけを強力な火によって炊き出す。そんな嘘偽りなしの工程こそ、唯一の発生条件だ。ピュアな豚の脂が...続きを読む

店舗名博多一双 中洲店
最寄駅【地下鉄・空港線、箱崎線】中洲川端駅
営業時間19:00~翌4:30※麺、スープがなくなり次第終了
電話番号092-262-7776
定休日不定
予算
カード不可

2012年、『博多一双』は博多駅東の地で開業。 そして、それから4年の間に中洲店、祇園店と展開していく。 山田昌仁さん、章仁さん兄弟は全国、そして世界にも店舗を展開する人気店『博多一幸舎』で腕を磨き、ともに20代という若さで『一双』を立ち上げた。 その若さながらキャリアは十分で、開店するや見事な安定感で店は軌道にのり、みるみるうちに人気店へと仲間入りを果たす。 平日はサラリーマンやO...続きを読む

店舗名博多一双 博多駅東本店
最寄駅【地下鉄・空港線】【JR】博多駅
営業時間11:00~24:00※麺、スープがなくなり次第終了
電話番号092-472-7739
定休日不定
予算
カード不可

3店の中で最もこってりと言われていた旧篠栗店が、今年3月福岡市内に進出。須恵三洋軒の味が福岡市内でも食べられるようになったと、ラーメン通の間で早くも話題になっている。店内は真新しいのだが、厨房の奥には年季の入った五右衛門釜の姿が。「スープの味を維持するためには、どうしてもこの釜が必要でした」と語るのは、スープのスペシャリスト・林慎介さん。創業当時から使い続けている須恵の姉川食品に特注した中太...続きを読む

店舗名須恵 三洋軒 松島
最寄駅 
営業時間11:00〜22:00(ラーメンが売り切れ次第終了)
電話番号092-623-5572
定休日不定
予算
カード

元々、糟屋周辺のラーメンは、博多とは異なる独自の路線を歩んできた。それは、街の成り立ちや職人たちの心意気から生まれた個性的な味。かつて炭鉱で栄えた街に相応しく、パワーの源となるようながっつりとしたラーメンが受け入れられていった。店長の林大輔さんが先代とともに築きあげてきた須恵三洋軒の味は、そんな糟屋ラーメンの王道ともいえる元祖こってり系。長年の伝統を守り続けて作られる一杯は、今も本店でしっか...続きを読む

店舗名須恵 三洋軒 本店
最寄駅 
営業時間11:00〜20:00(売切れ御免)
電話番号092-935-9970
定休日なし
予算
カード

 本店で修業した店主・田中孝一さんが古賀市に店を構えたのは2013年。糟屋エリア以外で出店したのも須恵三洋軒では初めての試みだった。その挑戦は見事に実を結び、今では周辺になくてはならない存在にまで成長。田中さんは直営の他店と同様に、商売人でありながら職人としての誇りを持って看板を守り続けている。おごらず、薄めず、妥協しない姿勢を貫くのは、客がスープを一口すすった時の満足に満ちた表情を見たいか...続きを読む

店舗名須恵 三洋軒 古賀
最寄駅古賀駅
営業時間11:00〜22:00
電話番号090-7386-4606
定休日なし
予算
カード

ひと口食べると、新鮮な驚きを覚える人も多いと思う。店内にあるメニューは、わたしたちが想像しがちな「ザ・ちゃんぽん」「ザ・ラーメン」とは一線を画す。スープ、麺、具材などすべてが品よく調和した"ひと皿の料理"のよう。それもそのはず。店長の中渡瀬さんは、ヨーロッパで18年間フレンチのシェフとして働いてきた腕前の持ち主で、和食の経験もある、まさにスーパーシェフ。今まで培ってきた技術と知識、素材選びを...続きを読む

店舗名辛味噌ちゃんぽん 元祖博多 YAMATO
最寄駅西鉄福岡駅
営業時間11:30〜OS23:00
電話番号092-711-8877
定休日不定
予算
カード不可

店内に入ると、スープへの深いこだわりが記された書が目に入る。この店の自慢は、厳選された親鶏のガラを長時間かけて炊き上げた、澄んだスープ。鶏と野菜の旨味が凝縮したこのスープをベースに、ひと手間もふた手間もかけた、さまざまな麺メニューを提供する。 「どの麺も一つひとつ個性があるので、自分もどれかひとつは選べません!いろんな麺を味わっていただきたいです」とは料理長の髙橋 誠さん。厨房には大きな中...続きを読む

店舗名一すじ
最寄駅博多駅
営業時間11:30〜OS14:30/17:30〜OS22:30
電話番号092-271-3377
定休日水曜
予算
カード不可

「1店で2種類味わえる店は珍しいと思います!」と店主の中村さんが言うこのお店の看板メニューは製法の異なる2種類のラーメン。豚頭骨を計16時間で炊き上げた"取りきり製法"の『あっさりらーめん』は豚骨の旨味とコクがありながらも、くせがないクリーミーな味わい。このスープに豚のゲンコツや背脂で追い炊きしたのが、〝呼び戻し製法〟によるパンチの効いた味わいの『こってりらーめん』だ。その他、約2ヶ月ごとに...続きを読む

店舗名福間ラーメン ろくでなし
最寄駅福間駅
営業時間11:00〜翌4:00(日祝日〜23:00)
電話番号0940-36-9525
定休日なし
予算
カード不可

今や全国区どころか世界中の人々にその名を轟かせている『一蘭』。一人でも入りやすい空間を実現した味集中カウンター、口頭が当たり前だった客の好みの確認を一新したオーダーシステムの導入など、これまでに挑んできた新たな試みは広く知られている。しかし、客の見えないところで、それ以上の取り組みが行われていることをご存知だろうか。スープや麺、チャーシュー、秘伝のたれなど、ひとつひとつの素材は自社工場で認め...続きを読む

店舗名一蘭 本社総本店
最寄駅 
営業時間24時間営業
電話番号092-262-0433
定休日なし
予算
カード不可

粉もんが好きで、行くからには絶対に外したくない。という人は次郎丸の『小麦ざんまい』に行くといい。「ラーメン」「焼きそば」「お好み焼き」をメニューに掲げており、粉もんフリークからすれば一見、邪道にも思われかねない挑戦的なスタイルを貫いている。しかしながら、扱うメニューはどの料理に対しても並々ならないこだわりを持っており、食通たちを唸らせる。まさに「粉もん専門店」とも言うべきハイブリッドな一軒な...続きを読む

店舗名小麦ざんまい
最寄駅 
営業時間11:30〜OS22:00
電話番号092-866-0055
定休日不定
予算
カード

天神から二駅の平尾に店を構える「まるげん」。どちらかと言えば住宅街エリアにも関わらず、店には噂を聞きつけたファンが続々と訪れる。そのお目当てはこちらの「つけそば」。中村調理製菓専門学校を卒業後、東京の様々なジャンルの調理場で腕を磨いた店主・鈴木克学さんが、渾身のWスープを主役に生み出した一品だ。動物系と魚介系のダシをブレンドすることで、味と香りの絶妙なバランスを実現させたスープは、口に入れた...続きを読む

店舗名博多中華そば まるげん
最寄駅  
営業時間11:30〜23:30(スープがなくなり次第終了)日曜〜23:00
電話番号092-522-8848
定休日月曜(祝日の場合翌日)
予算
カード不可

12345最後
1~20/97